サービス付き高齢者住宅とは

サービス付き高齢者住宅とは

ひとりで生活することが難しい高齢者を受け入れているのは、特別養護老人ホームなどの介護施設です。
ところが、急速に進む高齢化のために、なかなか空きがありません。
そこで、国土交通省と厚生労働省が共同所管となり、新しい受け皿として2011年に制度化されたのが「サービス付き高齢者向け住宅」です。
サービス付き高齢者向け住宅は、バリアフリー構造を有し、日中はケアの専門家が常駐して、安否確認や生活相談サービスなどを受けることができます。
50万人以上と言われる特別養護老人ホームの待機者の解消や、病院を退院した時の復帰先として期待されており、2025年までに60万戸以上整備する目標が掲げられています。

サービス付きって何がついているの?

安否確認サービスと生活相談サービスが必須のサービスです。ケアの専門家が少なくとも日中建物に常駐し、これらのサービスを提供します。

さらにバリアフリー構造で、各専用部の床面積は原則として25㎡以上で、台所・水洗トイレ・収納設備・洗面設備・浴室を備えたものであることが基本となります。

また地域の介護と医療と連携しているので介護や医療が必要な方でも安心出来ます。

有料老人ホームとの違いは?

  サービス付き高齢者向け住宅 有料老人ホーム
契約形態 賃貸借方式
(通常賃貸住宅と同じ賃貸契約)
利用権方式
(有料老人ホーム利用権利購入)
月額費用 約5万~30万
(家賃・共益費)
約15万~35万
(月額利用料)
初期費用 基本的に敷金のみ まとまった額の入居一時金が必要になります。
場合によっては高額
介護サービス 外部の介護事業所を利用して
利用した分だけのお支払い
定額制(月額費用に含まれる)
食事サービス 自由に選択可能
(必要に応じて利用可能)
定額制(月額費用に含まれる)
生活サービス 自宅感覚で過ごせる
自由度の高い生活が可能
他の居住者と共同生活を送る感覚
外出や外泊は届出制

大きな違いは、契約方式と生活の自由度の違いです。

契約方式に関しては、有料老人ホームは利用権方式で有料老人ホームの利用権の購入 サービス付き高齢者向け住宅は賃貸借方式で通常の賃貸契約となります。

生活スタイルについては、有料老人ホームは他の居住者と共同生活を送る感覚で外出や 外泊は届出制となるが、サービス付き高齢者向け住宅は自宅感覚で過ごせ自由度の高い 生活が可能です。

介護サービスに関しても、有料老人ホームの場合基本的に入居後に介護事業者が気に 入らなかった場合は退居して別の住まいを探す必要があるが、サービス付き高齢者向け 住宅の場合は、外部の介護サービスのご利用が自由になるので入居前から利用していた 介護事業所を今まで通り利用出来たりとメリットがあります。

  • サービス付き高齢者住宅とは?
  • ペットと暮らせる
  • ご入居までの流れ
  • 無料体験
  • 選ばれる理由
  • 入居の流れ
  • よくあるご質問
  • 白寿会TOP
PAGE TOP